傳統,寫眞,文具,矢立,雜記

蝶文矢立 一體型

素材は靑銅だらう。
墨壷には銀象嵌で蝶をあしらつてゐたと思はれる。

此の矢立は、大きく二つの見解がある。
一つは、元々全てに銀象嵌を施してゐたが、部分的に剥がれたと云ふ解釋。 ...

傳統,寫眞,文具,矢立,雜記

磁石付矢立 一體型

素材は眞鍮(黃銅)だらうか。
墨壷の蓋が羅針盤と成つてゐる。
……が、針が無くなつてゐるので方位は分からない。
(元來、筆入れのところに小刀がある筈だが、其れも無くなつてゐるやう ...

傳統,寫眞,文具,文房四寶,雜記,

神仙墨 古梅園 油煙墨

丸公から見るに、七十年以上前のもの。
……と言いたいところだが、私の記憶ではこの古梅園のシールや趣(おもむき)から見るに、戦前に作られていたものに後で丸公シールを貼り、古梅園が再出品したので ...

刃物,寫眞,小刀,文具,紙刀,雜記

ペーパーナイフ

何やら、持ち手が綺麗な石で出來てゐる小刀。
銳利ではないので、專らペーパーナイフとして用ゐてゐる。

シンプルながら美しく、氣に入つてゐる。

【刃物のイベント開催中】

傳統,寫眞,文具,矢立,雜記

王將と般若矢立 一體型

素材は純銅(あかゞね)だらうか。
墨壷には、王將と般若が施されてゐる。

素樸ながら、愛着の湧く矢立である。

【矢立のイベント開催中】

【他の矢立

傳統,寫眞,文具,文房四寶,雜記,

神國墨 松壽堂 油煙墨

定價拾錢の記載、東鄕元帥の記載から見るに、此れは最低でも戰前(八十五年以上前)の物だらう。
(……昭和十年以前、──西曆だと1935年以前の物だ)

流石に歷史的價値も高く、使ふ氣 ...

傳統,寫眞,文具,矢立,雜記

五本骨扇に月丸紋矢立 分離型

素材は眞鍮(黃銅)だらう。
金屬直彫で、佐竹家(佐竹義重など)の家紋をあしらつてゐる。

大變、純朴ながらも美しく、嫌味のない高貴さを感じさせる一品。

刃物,寫眞,小刀,文具,紙刀,雜記

ペーパーナイフ

まるで、千夜一夜物語(アラビアンナイト)に出てきさうなデザインの小刀である。
恰好がよいので、ペーパーナイフとして使つてゐる。

……實用性は低い。

傳統,寫眞,文具,矢立,雜記

柿形矢立 一體型

墨壷が純銅(あかゞね)、筆入れが黃銅(眞鍮)だらうか。
樣々な金工が爲されてをり、墨壷は柿の實と葉、筆入れは枝を表現してゐる。

美しさと愛らしさを兼ね備へてをり、御氣に入りの矢立の一つ ...

傳統,寫眞,文房四寶,雜記,

桂林墨 桂林堂 油煙墨(丸公)

此れも、丸公シールが附いてゐたので、七十年以上前のものだ。
(……昭和二十五年、──西曆だと1950年頃になる)

──唯、此の前(私の墨【其の三】)に紹介した、玄林堂の武 ...