寫眞,寫眞館,日本,紀行,

「雨の日の千體地藏せんたいじぞう」

千體地藏せんたいじぞう/栃木縣那須町とちぎけんなすまち(殺生石附近せっしょうせきふきん)

殺生石のすぐ近く、溫泉おんせんに惠めぐまれた場所である。

本當ほんとうに千體も居おられ ...

中華人民共和國,寫眞,寫眞館,紀行,

「深圳しんせんを訪ねて」

深圳(シンセン)/中華人民共和國廣東省ちゅうかじんみんきょうわこくかんとんしょう(China)

電腦都市でんのうとし、深圳しんせんの一枚。

其處そこには、光と闇が混在こんざいした。

ニュージーランド,寫眞,寫眞館,紀行,

「Let’s Go!!」

タウポ湖(Lake Taupo)/ニュージーランド(New Zealand)

人々は何處どこへ向かふのだらうか。

(此このカヤックはタウポ湖のマオリ彫刻ちょうこくへ向かつてを ...

傳統,刃物,寫眞,小刀,庖丁,雜記,

臺灣庖丁(たいわんほうちょう)

元々は、野菜の皮剥きだつたか、肉の骨拔きだつたか、やゝ特殊な臺灣の庖丁である。
……が、私は專ら鉛筆を削るなど、小刀として使つてゐる。

シンプルなやうで、實は獨特な形をし ...

傳統,寫眞,文具,矢立,雜記

蝶文矢立 一體型

素材は靑銅だらう。
墨壷には銀象嵌で蝶をあしらつてゐたと思はれる。

此の矢立は、大きく二つの見解がある。
一つは、元々全てに銀象嵌を施してゐたが、部分的に剥がれたと云ふ解釋。 ...

傳統,刃物,寫眞,庖丁,雜記,

庖丁(ほうちょう)

白鋼で打たれた鯵切(あじきり)である。
堺の岡本刃物製作所で、豊隆さんが作った物だ。

和包丁を一本だけ買うなら、私は鯵切を買うように勧めている。
鯵切と云う名ではあるものゝ、 ...

傳統,寫眞,文具,矢立,雜記

磁石付矢立 一體型

素材は眞鍮(黃銅)だらうか。
墨壷の蓋が羅針盤と成つてゐる。
……が、針が無くなつてゐるので方位は分からない。
(元來、筆入れのところに小刀がある筈だが、其れも無くなつてゐるやう ...

傳統,寫眞,文具,文房四寶,雜記,

神仙墨 古梅園 油煙墨

丸公から見るに、七十年以上前のもの。
……と言いたいところだが、私の記憶ではこの古梅園のシールや趣(おもむき)から見るに、戦前に作られていたものに後で丸公シールを貼り、古梅園が再出品したので ...

刃物,寫眞,小刀,文具,紙刀,雜記

ペーパーナイフ

何やら、持ち手が綺麗な石で出來てゐる小刀。
銳利ではないので、專らペーパーナイフとして用ゐてゐる。

シンプルながら美しく、氣に入つてゐる。

【刃物のイベント開催中】

傳統,寫眞,文具,矢立,雜記

王將と般若矢立 一體型

素材は純銅(あかゞね)だらうか。
墨壷には、王將と般若が施されてゐる。

素樸ながら、愛着の湧く矢立である。

【矢立のイベント開催中】

【他の矢立