カメラ,寫眞,雜記

私が一番好きな瞬閒は、被寫體を見附けた瞬閒、……ではない。
──シャッターを切る瞬閒でも、現像されたフィルムやプリントされた寫眞を眺める瞬閒でもない。

何と言つても、A(アドバンス)からR(リワインド)にレバーをセ ...

傳統,寫眞,文房四寶,雜記,

桂林墨 桂林堂 油煙墨(丸公)

此れも、丸公シールが附いてゐたので、七十年以上前のものだ。
(……昭和二十五年、──西曆だと1950年頃になる)

──唯、此の前(私の墨【其の三】)に紹介した、玄林堂の武 ...

傳統,寫眞,文房四寶,雜記,

武士道 玄林堂 油煙墨(丸公)

丸公のシールが附いてありましたので、七十年以上前のものとなります。
そもそも、丸公とは日中戰爭下の1938年(昭和13年)から終戰後の昭和25、6年にかけて、公定價格を示した表示のこ ...

傳統,寫眞,文房四寶,雜記,

金卷春日神煙墨 油煙墨(恐らく)

年代は檢討も附かぬが、昭和初期(……八十年ほど前)だらうか。

春日大社で作られたのか、近くの古梅園や玄林堂なぞがOEMで作つたのか眞相は分からない。

大變硬い墨で、 ...

傳統,寫眞,文房四寶,雜記,

微妙幽深 玄林堂 松煙墨

卅から五十年ほど前のものだらうか。

よく枯れてゐて、自然な靑みが出てゐる。

イベント,寫眞,重要な御報せ,

2020.05.20
前囘の參加者や直接御聯絡をくださつた方には既に御傳へした通り、現在は新型コロナウイルスの影響で全イベントを暫く休止してをります。
イベントに關する御質問、御感想は此方まで。

南蠻一の智 ...

ネパール,寫眞,寫眞館,紀行,雜記,

「或日あるひの尼婆羅ネパール」

細い路地ろじ/ネパール(Nepal)/パナウティ(Panauti)

やけに寂しい路地、……
少年がこつちだよ、──さうそう言つた氣きがした。

【他の寫眞しゃしんはコチラ】 ...

モンゴル,寫眞,寫眞館,紀行,雜記,

「或日あるひの蒙古もうこ」

草原/モンゴル(Mongolia)/Arkhangai/Ögii nuur附近ふきん

そよ風が髮かみを撫なぜる。──唯ただ、眼前がんぜんに廣ひろがる景色に息を吞のんだ。

日本にも、此こ ...